9月入学制について

学校休業が長期化する中、これを一つの機会と捉え、一部の知事や野党などから入学時期や新学期の開始時期について、9月への変更を検討すべきだという声が上がっています。

“9月入学”「社会全体で共有できるか課題」文科相

休業の長期化に伴い、今後の学校のスケジュールをどうするのかについては、私なりの意見を以前、フェイスブックやブログに書きました。

学校休業、付け焼刃的な対応は限界では?

その際、投稿にコメントを寄せていただいた方と、いっそのこと、グローバルスタンダードである9月入学に切り替えるチャンスではないかというようなやりとりをしたことを覚えています。

学校の年度は4月~3月という現行の制度を、9月~8月制に変えようととすれば、半年のズレを何とかしなければなりません。新型コロナの影響で学校が正常化するまで、最短でも秋くらいまでかかるのは確実で、かつ今年度の1学期は正常な学校運営が行われていないので、9月入学に切り替えるタイミングとしては、千載一遇のチャンスと捉える考え方が出てくることは理解出来ます。

ただ、これは、荻生田文部科学大臣が仰っているように、「文部科学省だけで完結する問題ではなく、社会全体に影響を及ぼす」もので、政治の相当なリーダーシップが求められるでしょう。バクっとした印象で言えば、私も推進には賛成ですが、今コロナ対策で、国も地方自治体も手一杯なところへ、法改正含め、制度変更に伴う事務実務がどの程度、膨れ上がるのか、などよくわからないことが多く、安易な発言は控えます。

やると決めたら、案外、これまで乗り越えられなかった壁を一気にブレークスルー出来るかもしれません。一方で、生徒児童や学校現場に、さらなる混乱やしわ寄せが押し寄せるかもしれません。いずれにしても、勢いだけで出来るものではなく、慎重な検討が必要で、今年の9月から新学年スタートというのは、乱暴な気がします。

一部、例えば、まずは大学だけやってみるとか(その場合は、6月センター試験とか、9月入社とかもセットで考えないといけませんね)、検討すれば、いろいろアイデアも出てくるのでしょう。

ただ、学校運営に関して思っているのは、今のように「〇月〇日まで休業」と定め、そのXデーが近づくと、その時々の感染状況や世の中の空気などを分析して、「さて、どうしましようか?」「難しそうなので、さらに2週間延長」などを付け焼刃的な対応を繰り返すのは、行政として無責任だという事です。

文部科学省は、教育課程の運用、主要な学校行事、夏休みの期間、部活動の大会、中高大学の入試などについて、最低限、今年度のスケジュール感を早急に示すべきです。県議会の文教委員会で、今後のスケジュールを質問しても、県教委は、感染状況などが不透明という理由で、はっきりしたことを言いません。先行き不透明はわかりますが、誰か責任のある立場の方が思い切って決断をしないと、いつまでも今のような「その都度対応」を繰り返すことになりかねません。それに振り回されるのは、生徒児童と学校現場の先生方です。

9月入学制の是非はともかく、知事会は、まずは今年度の学校運営の基本的考え方やスケジュール感を早急に示すよう、政府を動かしていただきたいと思います。まずは足下の、生徒児童やその保護者、学校現場の不安解消に取り組み、その流れの中で、9月入学へ向けた議論が深まるのであれば、それは否定しませんが、議論の優先順位は間違えないでいただきたいです。

それを前提に、政府、自治体あげた検討の結果、現場への負担や混乱を最小化出来るのであれば、9月入学も、一つの政治的な判断として尊重したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください