ランナーあるある

党務のため、東京に出張中です。

本日の朝ランは、東京出張時の鉄板コースである皇居外周。1周5㎞の周回コースを2周走りました。宿泊先のホテルからの行き来含めて11㎞強の道のりです。

外周に出てから、ほどなく僕の「ちょうどよいペース」より少し速いペースで走っているお兄さんとお姉さんの二人のランナー(よく顔を見たわけでないので、おじさんとおばさんだったかもしれません)がいたので、ややペースを上げて付いていくことにしました。二人は知り合いという感じではなく、たまたま同じようなペースで走っていたところに僕が加わった形です。

なんとなく3人の集団が出来、しばらく並走していたのですが、途中から、僕が集団の先頭を引っ張る形になってしまいました。意図したわけではありませんが、そうなると、なんとなくペースメーカーとしての責任感みたいなものが芽生えてくるものです。GPS時計を確認しながら、キロ5分のラップを刻みました。下り坂ではキロ4分40秒くらいまでペースが上がってしまったのですが、二人ともピッタリ付いてきたので、全員が「集団の一員」という自覚を持って走っていたように思います。

僕が合流した時点で、二人がぞれぞれ何キロ走っていたのか、最終的に何キロ走るつもりなのかわからないのですが、僕の走行距離で申し上げると7㎞地点でお兄さんがコースアウトし、集団は二人に絞られました。そして、8㎞地点。お姉さんがペースを上げて、僕を追い抜いていきました。上り坂で一気にペースを上げるという素人とは思えない「しかけ」に一瞬反応が遅れましたが、こうなったら付いていくしかありません。ゼイゼイ、ハァハァと息を上げながら、何とか後を追いました。

「きついなぁ」と思っていたら、お姉さんは9㎞地点で足を止め、そこでランニング終了。どうやら、先ほどのペースアップは、残り1キロのラストスパートだったようです。

お姉さん離脱後は、僕も張り合いをなくしてしまい、上がったペースをそのまま維持することが出来ず、最後の1㎞は5分40秒くらいまでペースダウン。そのまま、コースアウトしてホテルまでスロージョグで帰りました。

多くのランナーが行き交うコースでランニングをしていると、時にこういうことがあります。言葉を交わすわけではありませんが、共通の趣味を持つ者同志の連帯感が自然に生まれます。お二人のお陰で、いい練習が出来ました。

「ランナーあるある」的なお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA