西日本豪雨 2018.7.6 発災前夜

平成30年7月西日本豪雨災害は甚大な被害を岡山をはじめ、多くの地域にもたらしました。被災された皆様にお見舞いを申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

さて、発災以降、災害対応や被災地支援、党のボランティア受け入れなどでブログの更新が滞っていました。この間、Facebookに投降した文章や写真を連続して転載し、発災から2週間の自分の行動を振り返ることにします。まずは、7月6日の投稿です。その日は、前日から大雨が降り続いており、私の選挙区の中区を流れる旭川、百間川の水位も上がっていましたが、少なくともこの投稿をした午前10時半の時点では、このような大災害になるとは夢にも思っていませんでした。以下、転載します。

6日の百間川河川敷(原尾島橋辺り)

岡山市にも大雨洪水警報が発令されています。

私の選挙区の百間川の原尾島水位観測所では水位が上がり、一時、氾濫注意情報が出されましたが、今朝6時過ぎに解除されています。

とはいえ、雨は日曜日くらいまで降り続くようで、今後も引き続き警戒が必要です。私も、百間川、旭川のいくつかのポイントで実際に水位を確認しましたが、水位が高いうえ、濁流の流れが速くなっており、河川敷のグラウンドや駐車場に降りるのは危険な感じがしました。

中区の防災対策本部に顔を出し、同区内の被害状況などについて伺いました。床下浸水が1件あったものの、消防の対応等により大きな被害には至っていない事、死者や怪我人などは出ていない事などを確認しました。

今後については、雨が振り続くと、土砂災害のリスクが高まるので、土砂災害警戒区域を中心に監視体制を強め、市民の皆さんに注意喚起を呼びかけるとのことでした。

お仕事の邪魔にならぬよう、5分ほどで切り上げました。

このときは、中区の災害対策本部も、正直、さほど緊張した雰囲気ではありませんでした。緊張感が高まるのは、この日の晩になってからです。文中、「河川敷のグラウンドや駐車場に降りるのは危険」と書いていますが、危険どころか、日付が変わる頃には河川敷は完全に水没し、濁流が渦巻いていました。ちなみに、上記の写真は百間川の原尾島橋あたりの河川敷に降りて撮影したものです。下は翌朝に撮った百間川の写真です。すでに河川敷は水没して降りることは出来ず、道路から撮影したものです。

冠水した百閒川河川敷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください