IR疑惑について

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020010100307&g=soc

まだ捜査の途中なので、確定的な言い方は避けますが、IRを巡る利権と政治家の癒着の懸念は、専門家がかねてから指摘してきたことです。にも拘らず、安倍内閣は観光政策の目玉としてIRを強引に進めてきました。結果として、元副大臣の汚職事件を招いたことに対する政治の責任は見過ごせません。政府関係者や自治体幹部などと関係する企業の個別の接触を禁止するルールは最低限、必要だったと思いますが、今となっては後の祭りです。

 議員と企業側でどんなやりとりが交わされ、どれだけのカネが動いたのか。既に逮捕されている自民党の秋元司衆議院議員はもちろん、関与が疑われる国会議員も含め、特捜部は威信を懸けて捜査していただきたいと思います。

 安倍首相はIRを「新たなビジネスの起爆剤でわが国を観光先進国へと引き上げる原動力」と位置づけ、21年以降に最大3カ所の整備地域を決めようとしていますが、今回の事件による影響は避けられないでしょう。

 地方活性化の起爆剤になる可能性もあり、私自身はIRそのものは否定していませんが、ギャンブル依存症の増加や生活環境の悪化を懸念する声には根強いものがあります。反社会的勢力の介入も心配されます。

IR事業の整備地域の選定に向けた基本方針作りは大詰めを迎えており、政府は、年明けにも公表する予定でした。ここまでケチが付いてしまった以上、疑惑の解明を進めることはもちろん、IR事業の今後の進め方についても一度立ち止まり、改めて慎重な議論を行う必要があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください