新型コロナウィルス対策で、いま求められること。

https://note.com/sangmin/n/n3df8ec0db011?fbclid=IwAR2CWDg64jQ8OeH2e4uLVzPrPD9QKohPTyF7huUWW_BKfWZwX9ty-02lCdk

わかりやすいので、忘備も兼ねて転載。

>いま最も求められるのは、新型コロナウィルスによる死亡率の抑制と医療機関の機能維持。

軽症も含め希望者全員に検査を受けさせろ、という方もいらっしゃいますが、重症の方を死なせないために、医療のリソースを優先的にそちらに振り向ける必要があります。

8割が無症状または軽症で終わり、仮に陽性と診断されても薬も治療法もなく、基本的に安静にして治るのを待つ人を隔離するために、病床などの貴重な医療資源を割く事はしないと、政府が方針転換しました。

1日3,000件強(2月中旬時点)しか検査出来ない中で、陽性かどうか知りたいという数百万単位(たぶん)のニーズに対応するより、新型コロナウィルスに感染した事が臨床的に強く疑われる患者の確定診断を優先するというのは、間違っていないと、私は思います。

ただ、主治医が検査が必要だと判断した患者であっても、検査に至らないケースがあるようです。昨日の県の発表によると、岡山県では、これまでの検査件数は27件。岡山県では医師からの検査要請には全て対応できています。ただ、保健所に寄せられた相談件数は1,913件なので、そもそも検査対象だと医師が判断するまでに、篩(ふるい)にかけられたケースは少なくないと思われます。不安解消の目的で検査を希望する軽症患者の中には、不満に思う方もいるかもしれません。

まずは、正しい情報を提供し、冷静なご判断をいただく事が一番。その上で、検査体制の拡充や、医療機関と行政の連携強化などについて問題提起をしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください