民進党・高橋とおる Official Site

民進党

ホーム > プロフィール

プロフィール

高橋 徹 フルマラソン

高橋 徹(たはかし とおる)

誕生日  1967年(昭和42年)3月12日
家 族  父・母・妻・娘2人

[略 歴]
岡山市立可知小学校、同旭東中学校を経て、
1985年(昭和60年) 岡山県立西大寺高校卒業
1989年(平成元年) 中央大学経済学部卒業
1989年(平成元年) 株式会社天満屋入社
2005年(平成17年) 全天満屋労働組合 中央執行委員長
2010年(平成22年) 連合岡山 会長
2011年(平成23年) 岡山県労働者福祉協議会 会長
[公 職]
岡山県労働委員会委員、岡山地方労働審議会委員、
総社市障がい者千人雇用委員会委員 など
[趣 味]
ランニング
・月間走行距離 250〜400km
・フルマラソン 2時間54分59秒(2012そうじゃ吉備路マラソン)

私の誓い〜未来への責任を果たすこと〜

 国や地方の様々な制度は、人口が増えることを前提につくられてきました。人口減少時代を迎え、発送の転換と新たな仕組みづくりが求められています。地方議会の議論も、いまある事業の点検や予算の再配分では不十分。従来の手法や既得権にとらわれることなく、新しい発想に基づいた、創造型の改革を進めるときです。
 「いまの現実」の原因は過去にあり、「未来の現実」はいま何をすべきかで決まります。大風呂敷を広げるつもりはありません。批判ばかりでは前に進めません。地域・現場の声を聞き、先進事例を研究し、現実的で前向きな提案をしていきたいと思います。人口減少の中にあっても、岡山に、活力と安心と希望をもたらす仕組みを作り続ける、未来への責任を果たせる政治家でありたいです。

これまでの主な活動

イメージ
働く人の祭典「メーデー」で主催者を代表してごあいさつ。
イメージ
街頭に立ち、直接、地域の皆さんに訴える機会を大切にしてきました。
イメージ
「働くということ」をテーマに高校生を対象に出前授業を行いました。
イメージ
東日本大震災(福島)の復興支援ボランティアに参加。生涯忘れられない体験。
イメージ
コンビニオーナーの労働問題について外国人記者クラブで記者会見。
イメージ
伊原木知事とは、天満屋時代、労使の代表者として信頼関係を築いてきました。
イメージ
岡山市の中心市街地は大きな変化のとき。大森雅夫市長との連携は欠かせません。
イメージ
働く女性の皆さんと。女性が活躍できる環境整備は労組役員時代からのライフワーク。